相模湾をまっすぐにしてやるぜ!-2ndEdition-


名前:かなで         ・むかしむかし、ひたすら竿を振り続けた青年のブログ。復活します。
by air-music
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

小笠原旅行記vol8

日時(釣行日数):2/10-2/22
場所:小笠原諸島母島、父島
対象魚:色々(本命はカスミアジ、カンパチ類など)
釣行時間:島滞在中ずっと。
同行者:前期組:ヤスハル君、センター、マスター
     後期組:ヒロキ、たかま、ふじい(近大釣部)


2月19日


早速干物を食う。

うめぇな…メアジ。
f0130207_212246.jpg



この日は昼間はあんまし釣りに行かなかった。
…んだっけか?

っておもったら手持ちに写真がなかっただけだ。


えっと、この日はやっぱり仰天丸の船長にお世話になって、釣り浜へ。
写真がないのが残念だが、海パンで海を渡り、すごい早い磯場でフカセやGTゲームを展開。


主だった魚は連れなかったのだが、なんどかアタリがでて凄い状態であった。

そしてまたしても藤井がデカい魚をつった。
冠ベラである。

これも残念ながら写真がまだ手にとどかない…。


まぁそんな感じの釣りを展開。



なんか長くなるにつれてグダグダになってきたなぁ…。





夕方、先日知り合った海賊の船長の船でボートアオリへ。
だいたい3時間程度の釣行であった。
すっごいすっごい学割をしていただき、すっごい安い値段で、兄島を中心にアオリを狙う。
ただこの日は活性が低く、どの船も500g前後であった。

俺らは4人で4杯釣って終了

f0130207_2155353.jpg

結構おおきいが、500g前後だった(計測してみた)



そしてこの日の深夜はまたしてもメアジ+キントキ…と思いきや、疲れて俺とヒロキは就寝。

藤井とたかまが勝負しにいったらしいが、なんとエモノはサメ。

藤井が自分の身長をゆうに超える(2メートルくらい)サメと1時間16分ファイトし、浮かせたところで鮫肌ノックアウトだったらしい…。

翌日、彼はまたサメに魅せられてるようだ。

たかまは、へら師の意地なのかのべ竿で釣りをしている。
どうやらイスズミなどを釣っていたらしい。


そして、最終日、奇跡の魚が釣れた。

(続く)
[PR]

by air-music | 2009-03-04 21:09 | 離島遠征
<< 小笠原遠征vol9 こっから魚のターン >>