相模湾をまっすぐにしてやるぜ!-2ndEdition-


名前:かなで         ・むかしむかし、ひたすら竿を振り続けた青年のブログ。復活します。
by air-music
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お友達。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

トラウト大会へ!

日時(釣行日数):3/9(25)
場所:王禅寺
対象魚:マス類
釣行時間:9:00-11:20
同行者:ユキトキー
竿:プレッソ。
リール:アルテグラアドバンス
ルアーor餌:スプーン0,8~2g
その他:今日は凄かった。



朝、釣部の1年生、ユキトキーを車に乗せ、水曜日のトラウト大会前に1回くらい魚の感覚を味わおうと王禅寺へ。


ぶっちゃけ心の中では「俺委員長だしー?やっぱしゅーえい君が委員長の時優勝したのに竿を貰わず辞退とかしちゃってカッコいいとおもったしー?」
ってわけで、あまり1位になりたいとおもっていない自分がいた。


というより、初めての企画大会で正直なところテンパって釣りなんか集中できるか!っていう罠。

そのため、是非後輩諸君には頑張って欲しいという意味から、連れて行くことに。


到着すると案の定人が多い。
とりあえず、竿を出したポイントでキャスト、ルアーカラーのローテの仕方などを教え、…てる最中に俺より先に釣ってしまいよった…。


…気を取り直して、俺も1匹。
うん、浮いてる。

ラインを衝撃の1lbで大会に臨もうと思ったが、あまりにも不安だったので、日和って2lb。
結構指になじんでアタリも取れることがわかった。

とにかくそんなかんだで最初の1時間くらいで俺が12匹、ユキトキが4匹とまずまず。

しかし、アタリがなくなってきた+場所が悪いので、下の3rdポンドへ。

3rdで底叩いたりしてみたものの、なぜだか活性が悪い。
仕方が無いので、久々に重たいスプーンを取り出し、ユキトキにもSET.
その瞬間から入れ掛りタイム突入な俺。

ユキトキも俺の教え方が上手い(!?)せいか、結構アタリがあり、しっかり飽きない程度に魚を獲っている。


今更だが、ラインを見てあたりを取ったりだとか、そんな当たり前のことでしっかりつりをしていたんだが、この竿、別にストレートポジションにしてアタリとるより、普通に寝かせておいても感度ビンビンのエロ竿なんで、どうも俺にとっては、メバル釣りみたいなフッキングが良いってことに気がついた。

そんなことに気がついたら、もうバレない。
ずっとしっかりフッキングしながらどたばたと1時間30分経過で20匹超える。

一休みしようかなーとおもったところで、隣のユキトキのロッドがひん曲がる。


でけぇー!ってすぐさま思い、ドラグを緩める指示をする。

そっから一気に走られ、巻きなおし、を繰り返しファイトの仕方を教えながら少しづつ寄せる。

そして獲った魚は…
f0130207_15301877.jpg

ロックトラウト。50cmちょっと。


いいなぁー!
ちなみにこのユキトキ君、ライトルアーに続いて釣り2回目。
やっぱり若い人は飲み込みが早いってもんです。

そして彼に貸していたスプーンは、あの伝説の83cmイトウを釣った塗装が剥げたスプーン。
どんだけ大物ハンターなんだ、このスプーン。


そんな俺にも同じくロックトラウトがかかる!
こりゃーさっきのと良い勝負だな…とおもったら、横にいた人が無視して投げて絡めて(ry


おもいっきし嫌な思いをした。
横の人は頭さげて終わり。

いやー、、、、、ねぇ?狭い池なんだし?


とおもいつつ、俺が25匹まで数えたあと終了。
彼がバイトなんで3時間はやらず、実質2時間で25匹だったからまぁまぁ調子いいんでね?
麻薬ルアーも使わなかったし、底モノも一切頼らずリトリーブのみ。

やっとこさ竿に慣れてきた感がw


まぁそんなわけで大満足なプラでしたー。
[PR]

by air-music | 2009-03-09 15:33 | 釣行記
<< 学釣連ホントに最後の大会でした。 たいそれた計画を。 >>