相模湾をまっすぐにしてやるぜ!-2ndEdition-


名前:かなで         ・むかしむかし、ひたすら竿を振り続けた青年のブログ。復活します。
by air-music
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お友達。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハニー♪スポット。

3日連続シーバス坊主は避けたい!と思った3日目。

今日はお昼(3時)から今まで(1時過ぎ)東京湾全域のシーバススポットをすべてラン&ガン(移動しながら責める事)してきました。


結果だけをいうと、2GET2ランディングミス(オートリリース?)3バラシ4アタリです。
凄い釣果だと思われますが、これ実はすべて同じ釣り場、しかも驚くのが、この釣果ものの1時間30分だ、ということです。


えーまぁいわゆるミニマムサイズですが、大会のキーパー(25cm)はあります。

次に本日の最大サイズ。
49cm。これがこの釣り場のたぶん最大サイズになるでしょう。
ちなみにこれを釣ったのは俺じゃなくて、うちの師匠。ダメな弟子に勝たせるために10時間も都内の釣り場を全て案内してくれました。感謝。
あ、ちなみに部の為に釣りボックスもくれました。マジ感謝。


で、俺が釣った今日の最大サイズ

40台くらいって感じです。


今日感じたことは、その色とフックの性能ですね。

ちょっぴり語ってみますが、まぁ師匠のウケ売りっちゃー受け売りですが。
ルアーに使ってるフックの大半はトレブルフック(3本針)ですが、俺は今回、某ルアーにフロントはシングル、リアはトレブルにして釣りをしました。

まぁ薦められてやってみたのですが、差は歴然でした。

たしかに、トレブルのほうが、明確なアタリにたいしてアワせられればノリます。
その代わり刺さりが浅いらしく、バレるんです。
事実30~40台を2本ランディングミスしていますが、足元に寄せた時、刺さっていたのはリアのトレブルフックで、刺さっている場所が非常に魚の柔らかいところでした。

逆にシングルフックは、刺されば必ず下あごですし、たとえばエラ荒いをしたときにでもその重みの重心が1箇所に固定されているために、ズレることがないです。
それを考えると、シングルの刺さりの良さは結構重要なんじゃないかと思いました。



とにかく、今日はバラすことが少なく、安定した釣果を出せたことはかなりの自信につながりました。


また、かなり重要な情報もGETしたので、とりあえずこの数日間のプラクティスで確実に技術的にも、情報的にもこれからの釣りに対応する情報を得ることが出来たと思いますので、充実しました。

ちなみに今日回ったポイント数は9箇所ほど(千葉~川崎)あるんですが、竿を出したのは、1箇所のみです(笑

ひさびさに車酔いするんじゃないか、というくらい乗りましたね。

明日は私用の為、釣りに行っても夜のみになりますが、できれば行きたいですねぇ。
というか、明日成城に戻ります。

戻ったら、また皆さんでプラクティス行きましょう!w

らみたでした。(明日はセンターが書いてくれるそうです)
[PR]

by air-music | 2007-04-08 02:50 | 釣行記
<< さすが部長(笑 6時間の死闘。 >>