相模湾をまっすぐにしてやるぜ!-2ndEdition-


名前:かなで         ・むかしむかし、ひたすら竿を振り続けた青年のブログ。復活します。
by air-music
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お友達。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

12/26釣行前編。

珍しく長編が書けそうな企画でした。

シーバスが沖に行ってしまうころ、高校生の頃までの俺ならば、これからがシーズン!と意気込んでいた時期でございます。


さて、今年の釣りで最後の大物獲得の可能性がある日がやってきました。

立教大のプロテイン君企画、開成釣行です。

参加メンバー
-成城-

ジャーマン
ヒロキ
つるちゃn

-立教-
プロテイン
高校の後輩君(年齢考慮して書かないでおくわ)


元々は、開成の管理釣り場に行こうという話だったのですが、朝7時で+車で行くとなると、時間が読めない。
ということで、前日出発をすることにしました。

前日出発(終電)だと、どうしても3時間くらい時間があまります。
そこで、ひらめいた。


そうだ温泉に行こう※1

※1=温泉というのは神奈川県某所釣り場。

8年間釣りをしていて、既に軽く2千匹を超えるメバルを釣ったが、その中で30cm(尺メバル)を超えたのはただの1匹。
その1匹を釣ったのがここ温泉。

過去6年間で14戦、1勝(30cm、29cm)12負(ノッシュor外道のみ)1分(26cm)


とにかく釣れない。そして根気と勝負勘が試される場所(な気がする)

そして15戦目。
今年は大きなメバルをあげたのが、この1分の26cmのみだったので、記録更新なるか。

ということで、体力が残っている、TEAM喜多見+つるちゃんの成城組のみでまずは釣ることに。

-俺の装備-
上5枚
下4枚

ROD-Abu RockSweeper
REEL-SHIMANO NAVI XT-R1000改
ジグヘッド-がまかつコブラ1g
ワーム-スクリューテール半透明+ゴマラメ


ヒロキ達には足場の関係やメバルをそこまで釣ったことないことから、テクトロでの釣りを。
俺は一人大型のテトラの上をランガンしながら攻めることに。

時刻はAM2時
大潮時で、ド干潮からの上げ潮でした。

さすがに15回も着ていると手馴れたもんだか知りませんが、結構ポイントがわかってきた。
今まで釣り上げたポイントをすべてたたいてみたものの釣れない。

とにかく複雑に入り組んでいる地形と潮の変わり目を月夜の中探す。

あった。

始めてから約1時間が経過している。
その間、アタリは1度もない。

そんな中、やっとみつけた場所は、あきらかに潮目の先端でかつ、ウィードとテトラによって複雑なヨレができている。

1投目が勝負だな…。
と思い、投げて3カウント後、泳ぎ始めて数秒で小さなアタリ。

ここの魚、とにかく頭が良いのかすぐに離す。
そのためこの小さなアタリにすかさず鬼アワセ。

乗った!

乗ったと思ったら、物凄い勢いで引く引く引く引く!!!!!
使っているラインが2,5lbということもあって、ドラグを調整しながら、魚をうまくテトラから離す。

ヤバい。こりゃー尺いったかもしんね。

そう思ってタモをとろうとしたところで気づいた。


ぐあっ、タモ上のテトラじゃん!

タモ網を自分の手下におかず、なぜかその上の安全な場所に。

タモ網を捕まえるには最低テトラを1つ乗り越えなければならない=竿を手放さないといけない。


無理。これ逃したら絶対釣れない。

そう思い、もはや自分の持つ身体能力をフルにつかい、左手でロッドを動かし、左足で体を支え、体を反転しながら、右足と右手のみでテトラをのぼりタモ奪取。

こっから取り込みは定評ある僕なんで(笑)一人でランディング。

ヤバい。物凄いでかい。


どーんと。


だけど、どうも尺はいってない気がする。
まぁそれでも必死に出したこの1匹本当に価値がある1匹。
勝ちに等しい引き分け試合だと思った。




※その後、家に持ち帰り計測したところ、口を閉じて計測で28,5cmでしたw
f0130207_0335616.jpg



もしかしたら、死後硬直してなかったら、尺あった!?w
ってわけで、とりあえず記録上28,5cmだったので引き分けでw


いつか、いつかもう一度尺つってやる!w

続きはまた明日w
[PR]

by air-music | 2007-12-27 00:35
<< 12/26後編(128日目) 平潟湾釣行 >>