相模湾をまっすぐにしてやるぜ!-2ndEdition-


名前:かなで         ・むかしむかし、ひたすら竿を振り続けた青年のブログ。復活します。
by air-music
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お友達。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧


今週の王禅寺。

いやー、今日も平均的につれました。
今日はうちで鍋パーティー(たまちゃん、ふるや、しおやん、ふじ、ヒロキ、けんちゃん)がくるんで、食材として、大物を2匹ほど。
数は数えてませんが、とりあえずバカスカ釣りましたw

あ、ヒロキが45cmくらいの大型マスを釣りました。おめでとう!
うらやましいですわーあのサイズ!


そんなわけで、今週も楽しめました。

ちなみに王禅寺のマスは卵を持っていました。
もうそろそろ卵があるなら、持ち帰るのはやめたほうがいいかもしれませんね。

そんなわけで、明日は川崎にいってきます!
[PR]

by air-music | 2007-11-28 00:32

ワカサギさんへ。

センターの企画のワカサギ企画にお邪魔してきました。
参加者は、センター、俺、ジャーマンです。

3人なら1艇割っても2000円程度だったんで、とりあえずやってみるか、ということで朝っぱらから3人で濃い釣りの話題を醸しながら一路相模湖へ。

途中で逆さまつげコンタクト状態になり(痛)電車1本遅れ、その間にダッシュで食べた駅の掻き揚げうどんの掻き揚げが揚げたてで超ウマかったっす。

なんだなんだいって、到着したのが8時30ごろ。
その後、ボート屋のポイント探しが始まったようで、永遠とまたされ、釣り竿を入れられたのは10時過ぎ。

…つれません。

センターと俺は特に連れません。
更にいえばコンタクトがなくなったおかげで既に餌付すら面倒です。
結局ジャーマンやセンターに頼んで大名釣りを楽しみましたがw


んでもって、ホントに釣れないんですよ。
2時くらいまで釣果は俺0、センター0、ジャーマン3と、なにやら不運な結果に。
ちなみにセンターは対ワカサギ用に竿とリールまで買っています。(俺とジャーマンはトラウト竿)
そして、暇やねぇ…と言ってるときにセンターの竿がしなる!

まじかー!やられたー!と内心思った俺。

でもおかしいんですよ。ワカサギにしては竿しなりすぎじゃね?

あがって来た魚は
「ハス」
でしたwwwwwwwwwww

バスじゃありません。ワカサギでもありません。
ハスですw

そこから凄いのが、仕掛けを湖にたらすと底につくまでにハスが食ってくるフィーバータイムwwwwwwww
センターさん、一気に4連続w
俺もそれをみて、とりあえずノッシュ回避だな…と思い、入れると、たしかにすぐくってくる!
そして俺も4連続ハスwwwwwww
ジャーマンも1ハスを記録し、一気にワカサギ釣りからハス釣りへw

しかし、全員で9GETした後、ハスはどこへいったのやら、釣れない。
…が、10分後、今度は俺らの後ろ側でやっていた船に大型のハスが…
それから後ろの船はずっとハスフィーバーに陥ってましたwwwwwwwww
思わず笑う俺らw一緒に笑う隣の奴らw


しかしそれ以降またつれなくなってます。
寒いし、寝てないし…。

釣り船屋の親父をみつけて「つれないよ!」と文句をいったら、場所をちょっと移動してくれました。
場所を移動した場所はちょっとはアタリがあるけど、釣れない。
それで、また通った時に「釣れない」といったら、釣り方を見せてくれました。

まぁここでご紹介してもいいんですが、寒い中がんばった俺ら3人の(今のところ)秘密ワザということにでもしておきましょうかw

それをセンターがレクチャーされているあいだ、俺もみようみまねでやったら、1発でHIT!
その前にジャーマンの竿で2匹とっていたので、これで3匹。

そして、そのワザを覚えてから俺とセンターは一気に釣果を伸ばし、終了の4時までに3人で21匹。

このワザをおしえてもらったのが3時過ぎだったので、21匹中10匹以上はラストの1時間で…。
とにかく悔しい釣行になりましたw
センターはリベンジするようなので、是非みなさんも旬のワカサギたべてみませんか?

それじゃー僕は明日いつもの本業(マス)に戻りますw
(´д`*)ノシ(年間117日目)
[PR]

by air-music | 2007-11-26 19:47

川崎へ買い物に。

本当は今日、立教大のプロテイン企画(※プロテインはアレじゃなくて、人間です。)に参加させてもらうつもりが、あきらかに20分は遅刻しそうだったので、申し訳ないんですがキャンセルさせてもらいました><
水曜日はたぶんいくからね!>立教大メン


そんなわけで、師匠と川崎~横浜の釣具屋を4店舗ほど回って色々買いました。
買ったものはまぁシーバスx1、青物x1、マスx1、ベイトリールx1ですね。
買いすぎです。

んでもって、ネットの情報を頼りにちょっとだけわがまま言わせて貰って川崎某所へシーバスへ。
まぁ1時間足らずなんですが。
師匠の竿を借りてキャストしてみるものの反応なし。
まわりはアジの餌師だらけで狙えるところもなかったので早々と帰りました。

とりあえず116日目の釣行は不発><

シーバス釣りたいですわぁ…。
シーバスぅ…。

ってわけで、次に掛けます!

あ、んで今からワカサギ釣りに相模湖行ってきます。
ではー
[PR]

by air-music | 2007-11-25 04:57 | 釣行記

キャス大会!

でてきました!
取り急ぎの報告ですが、まぁ…結果はきかないでください!(笑


場所:神奈川工科大学
参加メンバー:りゅーたろ、俺、いっくんの3人

朝9時に本厚木に集合し、工科大の方の車に乗せてもらいグラウンドへ!

そしたら、まぁ詳しくは言いませんが、その附近に釣れる池がありましてですね!そっちにハマってしまったんですよ!(ベイト竿もっていってた)

大会じたいは非常にのんびり始まり、ひじょうにのんびり競技開始。

最初から入賞など狙える範囲にいない俺は、朝5時から多摩川でキャス練するものの、2投目で錘が飛んでいったので、しょうがなく素振りしてましたが、まったく意味がありませんでした。


最終的には、50メートル台x3だしても結果的にはどうしようもないことから、自己流で80はいけるだろう投げ方をやるものの、ファールx3で15位くらいw
りゅーたろーも失敗し16位。
いっくんの7位が最高でした。
やっぱり女性選手の+20メートル査定はアツイです。


んで、その釣りのできる池のほうも結果は0でした。


まぁそんなわけでいいことなしなんですが、大会自体は思ったよりも全然面白かったです。
なんつーか、ピクニック気分でしたし、キャス舐めてました。


その後、千葉商科大学の方にりゅーたろーと俺でレクチャーしてもらい、新しい投法を練習。
来年や今後の投げ釣りに流用できるように努力してみたいと思います!

以上です!(´д`*)ノ
[PR]

by air-music | 2007-11-25 04:53 | 大会

特別功労賞を頂きました!

本日は、文連総会の日でした!

…すみません><


で、出てくれた部員の方々からご報告を受けました。

成城大釣部、文連から特別功労賞を頂きました!
・受賞理由
積極的に活動範囲を校外に広げ、大会に参加したことと、その参加した大会で数多くの入賞という結果を出したこと。


ということです!
本当に大会執行幹部として1年間働いた僕としては非常に栄誉ある賞です!(別に僕が受賞したのではなくて、みなさんで受賞したわけですが)


そんなわけでメッチャうれしいです!いやーほんと!

実は幹部が終わる10分前、最後の仕事として1日掛けて今年の大会報告書を3ページほど作ったんですよ。1年分の。
それを見ていただいてこのように評価を頂いたことは非常にありがたいです!
来年もこのまま入賞していきたいですねー!
[PR]

by air-music | 2007-11-22 02:06 | お知らせ

寒いからって。

家出ぬくぬくしているのは違うと思います!
そんなわけで、元気に釣りにいってきたよー!(114日目)

今日の場所
・いつもの王禅寺(笑
さすがに常連と化して来たな。

・ジャーマン、まさーしー

既に一人で行くのになれた俺は今日は先に一人で6時間券を購入。
ジャーマンも遅れること30分6時間券を。
そして、それから3時間後、まさーしー到着。

状況としては、夕方は表層を丁寧に巻けば普通につれましたが、夜になるととにかく寒い!
手がかじかんで来てどうしようもなかったので、フィッシンググローブを買いました。

ちなみに北海道民のジャーマンはTシャツ+うすでのジャケットというたぶんあの釣り場にいた人の中で一番バカな格好をしていました。さすがに寒そうでした。つーか、見てる俺が寒い!

匹数的にはまさーしーが来るまでに2人とも10匹~12匹ほど釣り、まさーしーが到着してから、人が多いという理由(実は他にもあるんだが)で3rdへ。

3rd絶好調☆
というかんじで、ほいほいとものの45分ちょっとで10匹以上GET。
そこでメールが。
「王禅寺の大物ポイントどこですか」

立教のしゅーえい君だ。
今着てるらしい。

ってわけで、偶然だけど合流(笑
合流して何度かやってみるけど、とにかく寒くて寒くて。

1stに戻り、みんなぼちぼち釣る中、やっとでた40cm以上。
今日の大物はこれ1匹のみでした。

その後、サイゼでまったりしながら帰宅。
帰り送ってくれたしゅーえい君ありがとうございました!
[PR]

by air-music | 2007-11-22 01:18

冬の潮

113日目。

実家に釣具の整理がてらもどってきました。3時間くらいですが。

そのうち1時間ほど、イナダフィーバーのおこった場所から2キロほど横浜側にある某ホームグラウンド近くの某工場にいってきました(注:合法です)

釣り人が誰もいない中、一人むなしくメタルジグを投げていたんですが、とにかくさみぃ。

ただ、南風だったので、魚は入ってくる…はずなんですが(過去のデータでは)

暗くなる直前、一度だけアタリが。
たぶん、ゴツン!と来たので、シーバスでしょう。
少し遊んでランディングというところで、シーバス確定。跳ねた。
足元までよってきて、いつもどおりタモがない病&そこまで大きくないのでぶち抜こうとしたら、岸壁のカラス貝にラインがひっかかり、ブレイク!
魚の口にルアーはつかず、カラス貝に→とりにいけず。


凹んで帰りました。

もうイナダ&タチウオフィーバーは終わりのようです。ざーんねん。
[PR]

by air-music | 2007-11-20 21:20 | 釣行記

多摩川にぼちぼちと。

今日は最後の部会でした。
幹部の談話でも書こうかと思いましたが、別に卒業じゃないからなぁ…。

このブログをどうするかについては後日お伝えします。

今日は4げんごから20分くらいだけ多摩川にいって鯉をやりましたが、時既に遅し。
112日目はだめでした。
一緒に釣りした、えのさん、まじんさん、じょんさんお疲れ様でした。
ひろきは見ていただけできっとつまらなかったでしょうw


リベンジしたいなぁ。多摩川。
[PR]

by air-music | 2007-11-17 03:59 | 釣行記

地元で釣ったぜー。

110日目。(だよな?)
111日目でした。
えーっと、月例が終わってから次の日の午後に起きたんで、暇だから言ってきました(in横須賀)

えーっと、時間数的にはぜんぜんやってないんですが、とりあえず振ってきたって感じですね。
で、結局ボウズでした。残念。
えー。報告は以上です。(なんもつれなかった釣りひさびさですわー)
[PR]

by air-music | 2007-11-15 21:11 | 釣行記

秋山月例(写真ないですが)

写真ありませんが、更新させていただきます。

僕らの代最後の月例が終わりました。
まぁ…幹部のお話とかは、来週更新しますね。

ちなみにこのブログどうしようかなぁ…と思ったんですが、たぶん9割僕が書いてたんですよ。
だから、このまま個人ブログにしちゃおうかと思います。せっかく1年の記録があるわけですし。

さて、秋山は40人参加でした。
原宿から行った人、成城から行った人、厚木から行った人、そして俺みたいにバカ徹夜かましていったひと、お疲れ様でした。

結果的には、全員1匹は釣ったという結果でよかったです。

さて、成城カップも行い、なにげに匹数トップだったのですが、まぁいきなりコメント…とか言われると、なにもできません。そこで、まぁここで秋山の釣り方をおさらいするというか、マスの釣り方をおさらいしましょう!


…の前に、ちょっとした声です。

ブログをお読みの皆様は既に知っていますが、TEAM喜多見を中心に、ほぼ毎週王禅寺通いをここ最近しています。
対象魚はマス。
そう、秋山と一緒なんです。

それゆえ、釣り方がわかっていた、アンリ、ジャーマン、ヒロキなどは最初の2時間で3~5匹と、釣りバカな人たちに負けない釣果を出していました。
その彼らからちょっぴり企画主としては嬉しい声がありました。
「やっぱり、多少なりとも練習していたかいありました」とか、
「経験って重要っすね」とか。

まさしくだと思います。細かい釣りは成長しますよ!

さて、じゃぁなぜ僕があの時間で10匹釣れたのかご説明します。
ぶっちゃけ10匹中2匹は物凄いセコい釣り方をしています。


1、放流直後を狙え!
秋山のようなフルキャスト(おもいっきし投げる)も必要のない場所は、人間にとっては釣りやすいですが、逆を言えば、マスから人間も見えるんです。
その為、放流してすぐ、マスは人間を警戒してしまいます。ただでさえ、みんなバシバシ投げてラインがあたりますからね。

さて、そこで重要なのが、マスが警戒しない方法。
そのひとつが、放流直後です。

マスがスプーンを食べる理由は僕にもわかりませんが、なんかの漁本能だそうです。
それならば、警戒してないマスを釣るには、アピール性の高いスプーンを投げて、さっさと食わせることです。

そこで、俺は部長が「いってください」といった瞬間誰よりも早く投げました。
結果、1投でつりました。
その後、マスを魚籠にいれてから、すぐに走って戻りまた投げます。
結果、それから2投で釣りました。

これで2匹ですね。みんながまだ談笑したり、坂道を降りている間スタートダッシュを決め込んだのはこういう理由です。

だいたい見分け方としては、放流直後はマスが固まっています。そこを狙うことですかね。
離れ離れになってからはまずくって来ません!

2、とにかく場所移動orカラーローテ!

経験なんで、なんとも言えませんが、マスは僕の経験からすると秋山くらいの小さい場所では、同じスプーンを5~10投で飽きて追ってすらこなくなります。
そこで必要なのがカラーを変えること。これが1つめです。

次に、皆さんに謝りたいことが1つ。僕が1年生や2年生にスプーンの色を聞かれたとき、まっさきにアピールできる!という理由で金色を申し上げましたが、逆に金色をみんな使いすぎてマスが金色にまっさきに警戒心を持ってしまったことです。

そこでスプーンを持ってない皆さんがやることは、場所移動。
使っている色に飽きたマスの場所でずっとその色を使っても意味がありません。

そこで、周りを見渡して、自分の使っている色が他の人と被ってない場所に入ること。
そうすれば、マスにとっては目新しい標的となりますから、喰いやすくなるということです。

3、水の流れを感じろ!
ここからはテクニックの話になります。
秋山は自然渓流をせき止めていますので、必然的に流れがあります。
流れについては後で詳しくかきますが、スプーンを投げる上で絶対考えなければいけないのがスプーンが動いているかどうか。ということです。

つれてなかった人にはこっそりアドバイスを何度か行っていますが、僕がそのときいったのは
上流から下流に斜めに投げろ!ということです。
本来スプーンはそのスプーンのカップにリールの巻き抵抗を感じ、ヒラヒラと泳ぐものです。
それが、自然渓流では横から流されてしまうため、餌と違い本来の泳ぎができません。
エリアトラウト(止水域の管理釣り場)全盛の時代ですから、流れのある場所を念頭に置いた開発はしていないので、できるだけスプーンをキレイに動かそうとするならば、その横の流れを少しでも縦に変換することが大事です。

そこで斜めに投げて、川の抵抗を使ってスプーンをヒラヒラさせる。
これだけで釣果はぐん!とあがるでしょう。

4、魚は人を見てる!
僕の周りでやっていた人はわかったと思いますが、7割がた座っていました。
なぜか?というと魚にとって人間は脅威です(たぶん)
立っていると、人間が近くにいるから、奥に行こう!としてみんな流れの強い奥にいってしまいます。
そこで、人間がめだたないようにします。
そうすると、通常投げているところから5メートルの場所でしか食ってこない魚は2メートルまで寄ってきます。
事実僕が釣り上げた魚は近めが4匹います。

他のやり方として、えのっち先輩がやっていた、2歩下がるという方法があります。
えの先輩も5匹以上釣っていますが、僕はこっそりみてました。
みんなが水際に立っている中、一人2歩下がってました。
これで魚からは死角が増え、人間が遠く見える印象になります。
さすがですw

5、意外と水は深いんです。
雨が降っていた影響もあり、僕には水が多いように見えました。
学祭の時にひそかに指示していたのが、水を増やせ!です。
これは金魚すくいで魚が底にいるとき、水が少ないとポイの抵抗がすくなく魚が釣られやすい。
というのと同じで、水が深ければ、それだけ警戒している魚は深い場所にいるということです。

放流フィーバーが終わった魚が表面にいましたか?
たぶん皆さんがみた警戒マスは深い場所にいたでしょう。

そうなれば、その深い場所にスプーンを落とさなければ、魚からみて表層を泳いでるスプーンはただの落ち葉のようなものです。

そこで投げた後、少しまってゆっくり巻く。これを実践した人は早めにつれたのではないでしょうか。
少し待つことによって、多少流れてしまいますが、スプーンの重さでゆっくり沈みます。
ゆっくり巻くことによって、水の抵抗が少ないぶんだけ、深い場所を維持できます。

これはどの釣りにも関係することなので、頭の片隅で考えておくと便利ですよ。


まぁそのほかにもいろいろとテクニックだとか、色のアレだとかあるんですが、そんなうんちくを語っていると文庫本が書けちゃうんじゃないかと思いますのでこの辺で。


マス釣りをもっとしてみたい、と思う人、僕は就活中ですが時間があればいきますし、既に何人か常連と貸してる釣りバカがいますので、彼らにつれてってもらってみてください。きっと来年の秋山が楽しくなると思いますよ♪


以上!報告でした。
[PR]

by air-music | 2007-11-13 01:42