相模湾をまっすぐにしてやるぜ!-2ndEdition-


名前:かなで         ・むかしむかし、ひたすら竿を振り続けた青年のブログ。復活します。
by air-music
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お友達。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

OH!禅寺!

皆さん、明日は卒業式ですね!

そんな中でも釣りバカは釣りするんです。

魚つってナンボ、釣り部の自称最狂釣り部員らみたんです。



はい!

今日は、りゅーたろーと二人で、新百合ヶ丘の近くにある、FISH!ON 王禅寺にいってまいりました。
inナイター!


ナイターとは、まさしくスキー場のように、夜釣りができるのですが、安いんですよ。

20時30分~22時までで1000円(女性は800円くらい)ぽっきり。
どこぞで、おねーちゃん引っ掛けるより、魚ひっかけたほうが格段に安いです(違


ってわけで、りゅーたろー特別レッスン(違)をしましたが、とりあえずスタンダードな釣り方を教えてあげて、無事実釣り時間1時間で、2匹(俺4匹)釣り上げられましたー!いやーめでたい。

ってわけで、詳しい釣り方を書きたいのはやまやまですが、疲れているので、今回のご報告はここまでで。

近いうちに、管理釣り場(お金払って釣りをする、いわゆる秋山みたいなところね)のメソッドみたいなものを書こうと思いますので、お楽しみにしておいてください♪
[PR]

# by air-music | 2007-03-22 23:09

プレ春合宿釣行

部員の皆様、そしてこのブログを見てくださっている皆様いかがお過ごしでしょうかー。
春合宿いきたかったです。半社会人のらみです。どうも。



ふじやセンターから春合宿の様子は聞きましたが、小型ながら爆釣した方もいらっしゃったようで…


そんな稲取。

実は皆さんが合宿に行く1週間前、行ってきたんです。

今日はその時のプレ釣行のお話をしようと思います。


日時:2月27~28日(1泊2日)
同行者:らみ、センター、ふじ
     F田君(立教大釣部)、K瀬さん(海洋大釣部)
釣場:湯河原某公園内敷地、稲取漁港
釣果:メバル2(らみ) 北枕多数、海タナゴ、メジナ(全員)
その他:温泉、回転寿司(青鯛)



2月27日。

プレ釣行に行こう、行こうと部の買出しの時に騒ぎ始めた俺とセンター。とりあえず幹部にこの新しい釣具を使った釣り方を教えなければ!と勝手に海担当な俺が思っていたんですが。

とりあえず、参加者を1年生+幹部4人(俺、ふじ、センター、あきぼー)で行こうと思ったんですが、相変わらず突発過ぎて誰も着ません。


そこで、餌釣りやフカセ釣りをするのならば、右に出る人はいないであろう、F田君とK瀬さんをお迎えして、初の複数大学での釣り遠征となりました。

-ここからは時系列での日記。-

P.m7:30-Pm12:30実家からMPVで一路集合場所の成城を目指す。
途中、F田君を乗せて全員集合。
そのまま、世田谷通り(町田方面)→14号(麻生道路)→横浜青葉inc~厚木inc(東名道)→61号線(厚木→平塚)→135号(小田原方面)→西湘バイパス→湯河原旧道(すげぇ坂道)を抜けてまずは湯河原某公園へ。


この湯河原某公園は、俺が釣ったメバルの中で最大サイズ(31cm)を出した公園。

過去7度挑戦して、釣果は4匹(メバル31,30,28、ノコギリダイ13cmx1)で、7戦2勝4負1分と結構な確立で負けこしている。


ていうか、荒れないと釣れない気がする場所。


今回は前日、雨が降っていたので、荒れていると思いちょっと寄り道することになった。


2月28日
A.m12;30-A.m2:30


狙いはアオリイカ組(ふじ+F田君)とメバル組(俺+センター+K瀬)さんに分かれて狙うことに。


アオリイカ組はまだ時期が早いのだが、コンスタントに釣れる有名な場所なので、せっかくだから釣り方を教えてもらおう!ということでエギングスタイルを取ることに。

メバル組は基本はテクトロ、流れ込みはキャスティングのスタイルを取って釣ることに。



釣り開始10分後。

俺だけメンバーの集合から外れて公園の端の流れ込みを攻め続ける。
微妙な流れ込みからモワっとしたアタリが在ったので、同じラインをキャストし続けて5投目…


喰った!喰った!

掛けた瞬間におっもいっきし合わせてテンションを張る。
即座にドラグがジーッっと出る。あぁ、東京湾じゃ大物クラスのメバルじゃねーか!と期待をしながら、遠くでつりをしているメンバーに

「タモ!タモ!」と大声で叫ぶ(笑


ダッシュでタモを持ってきてくれる皆様。いやーありがたい。


さっそく寄せてタモですくってくれたメバルは24cmくらい(死後硬直後計測23,5cmだったから)の黄金メバル。

とにかくでかい。

その後も調子に乗ってK瀬さんと更に端を攻め続けるも、2人ともバラす。
K瀬さんのメバルもドラグが出るくらいだからでっかいサイズだったと思われる。(ちなみに自分の2匹目はたいしたことなくテトラにもぐられた)



イカ組はアタリすらないらしい+皆腹が減ってきたとの事から、腹ごしらえをしたら、一路稲鳥へ向かうことになった。




Am2:30-A.m4;00
皆爆睡。
寝息まで立てている…

運転者のつらいところは、この睡眠のオーケストラの中、一人黙々と運転しなければならないことだ。


A.m4:00-A:m7:00

とりあえず、明るくなってから餌釣りをしようとのことで、暗いうちはメバル、イカで!とのことになった。

海を見てみると(合宿に参加したメンバーは分かると思いますが、皆さんが釣りをしていた堤防です)、なんだかライズしている。すごい小魚の群れがいるようだ。


これは釣れるんじゃない?!との期待でフルキャストするものの、コツコツあたるが、何の魚かはさっぱりわからない。
スズキじゃないのか!?と思う。


そんな中フルキャストして、リアクションで喰わせようとトゥイッチ連打していると、なにか引っかかった。


うがーなんか変な引き…


あげてみると、海タナゴ。(特大)

えー!(笑


離して、もう一度フルキャスト。
落とした瞬間にまた変な引き


海タナゴ(笑


しかも、スレがかりじゃねー!喰いやがった!(極小ジグだが)


俺、大満足。


夜明け近くなって、堤防の場所を外海に移してみることに。


内側を攻める中、俺だけまたもや外れて外側に。


丁寧に外側の海をスローに引くと、喰ったー!
やべwこれもでっけ!
と思い、タモー!と呼んだが、聞こえるはずがない。

しょうがねぇ!と思い、近くまで寄せて無理やりブッコ抜く。


サイズは先ほどと同じくらい23cmの黒メバル。
それを報告しに行くと、もう夜明け。

あー…夜明けになるとメバルさんつれないよ!とか思いながら、みんなで外側を攻めるものの、釣れない。

遠くまでフルキャストすると、たまにアタリのようなものがあるが、正直アタリかわからないくらい不安な「コツン」だ。
明るくなったので、皆でコンビニで朝飯を食いつつ、餌釣りの準備をする。


明るくなってからは、ふじとセンターがF田君とK瀬さんからフカセ釣りの仕掛けや釣り方を教えてもらいながら、俺もちまちまと釣る。


真剣なふじとセンター。

K瀬さんはさすが!と思えるくらいバシバシ釣っていく。
ふじとセンターも外道ではあるが、北枕を釣ったりして楽しそう。
F田君は都合で午前中までだったので、駅まで送っていって帰っていきました。
また行きましょう!>F田君。



P,m2:30-Last...

さて、コマセもなくなり、眠たくなってきた(というか、俺は堤防で寝てた(顔焼けた)
ので、とりあえずこの海臭い格好で車に乗ると、うちのパパン(誰)が激しくキレるんで、温泉に入ろう!ということに。


せっかく稲取まで着てるんだしー!俺も合宿いけないぶんあじわいてー!との事で、温泉探し。
日帰りで入浴できる旅館を発見し(きっと高級旅館)、入る。
露天風呂も内風呂も絶景。
ゆ~っくり堪能したところで、稲取を出る。

「ドライブして~釣りして~温泉はいって~、これでウマい物喰ったらこの旅行最高だな」
と誰かが言った。あ、俺かも(何



そんなわけで、やっぱり伊豆!釣り!魚!→回転寿司!
ということで、回転寿司に入る。
K瀬さんの驚きの舌(輸入物か国産の魚)ややっぱり釣部らしい魚の話題で盛り上がりながら、青鯛など珍しい魚や金目鯛のあら汁を飲んで超幸せ。


帰りものんびり走りながら江ノ島で解散し、プレ釣行終了でした。
参加した、センター、ふじ、K瀬さん、F田君、お疲れ様でした。
なにげに1月で3回も伊豆遠征をしたことから、当分は伊豆はいいや…との結論ですが、やっぱり魚影が濃いんですね。
また暖かくなったらイカリベンジに行きたいと思っております(笑


企画者:らみ。
[PR]

# by air-music | 2007-03-11 11:23

(改変)ブログ開始日

記念に撮っておこうと思います。
投稿日時は07年3月2日22時38分。

これからのデーターをここに保存で
[PR]

# by air-music | 2007-03-02 22:38 | お知らせ